2021.03.29

3/26 区議会本会議終了しました

3月26日、葛飾区議会第1回定例会本会議が開催され、令和3年度の予算が決定いたしました。

 

今回は令和3年度予算に加え、異例の同時補正となる、第1次補正予算も成立いたしました。
補正額約37億円のうち約35億が新型コロナウイルスワクチン接種関連で、補正後の一般会計は約2031億となりました。

区長からの閉会にあたっての挨拶で、「区内のワクチン接種はこれまで(3/26現在)に855人に摂取できました。」とありました。

コロナ禍が1日も早く収束するよう祈りつつ、
自民党議員団一同、令和3年度も区政を正しくチェックしてまいります。

代表質問:筒井たかひさ幹事長
一般質問:池田ひさよし議員
一般質問:伊藤よしのり議員
総括質問:秋家さとあき議員
2021.02.26

2/25、26 葛飾区議会第1回定例会 本会議開催

2/25、26 葛飾区議会第1回定例会 本会議開催

葛飾区議会は令和3年度第1回定例会 本会議を開催しました。

25日は筒井たかひさ幹事長による代表質問と、池田ひさよし議員による一般質問。

26日は伊藤よしのり議員による一般質問でした。

以下に質問項目をお知らせします。

【代表質問】

筒井たかひさ議員

1、当初予算案および今後の財政運営について

・令和2年度当初予算案について

・新型コロナウイルス感染症による緊急事態宣言下での予算編成について

・財政調整基金について

・区の財政運営の見通しについて

2、本区におけるSDGzの取り組みについて

・第2回SDGz先進度調査の結果の認識について

・「SDGzかつしか」の今後の推進体制について

・持続可能な財政運営のための、今後の経営改革の方針等について

・環境施策の推進のための条例制定について

3、新型コロナウイルス感染症対策について

・ワクチン接種のスケジュールや準備状況について

・区民の不安や疑問に寄り添って進めるワクチン接種について

・コロナ収束を見据え、長期的な視点で取り組む、産業・商店街・観光の振興への区の方針について

4、総合庁舎の移転について

・総合庁舎の立石駅北口駅前への移転計画について

・現総合庁舎の活用方針と、今後想定される保全計画について

5、今後の公共施設の在り方について

・現在の地域コミュニティ施設の利用状況について

・先送りした公共施設工事の「第2期葛飾区区有建築物保全工事計画」への影響などについて

・ウィズ・アフターコロナを見据え新しい生活様式に対応した計画の見直しについて

・施設の新設や用途変更の際に中心となる施設部の、意見の取りまとめや意思決定について

・立石駅周辺の街づくり、及び総合庁舎の移転計画にあわせた周辺の公共施設の在り方について

【一般質問】

池田ひさよし議員

1、新型コロナウイルス感染症対策について

・ワクチン接種の具体的な体制について

・福岡市の様に、エッセンシャルワーカーが早期にワクチン接種できるような対応について

・PCR検査事業の継続について

・保健所の陽性者に対する対応について

・区内中小企業への区独自のスピーディーな支援について

・より効果の高いプレミアム付き商品券事業の実施について

・病院・診療所をはじめ介護や保育といったエッセンシャルワーカーへの給付金支給について

・特別養護老人ホームへ往診ができる様な支援について

・文化・芸術活動を行なっている個人や事業所に対する区独自の補助について

・医療・介護関係者へのN95マスクの配布について

・エレベーターの設置されている福祉避難所について

2、小菅・堀切地域の街づくりについて

・(仮称)子ども未来プラザ小菅の土壌汚染調査と設計、地元説明について 他

・小菅保育園跡地の活用について

・堀切1丁目の旧職員寮の活用方法について

・京成線堀切菖蒲園駅のタクシー乗り場について

・堀切菖蒲園駅の騒音と振動について

旧小菅御殿の石灯籠などの貴重な文化財の効果的な活用について

 

【一般質問】

伊藤よしのり議員

1、新型コロナウイルス感染症への対応について

2、介護報酬と介護事業について

3、特別養護老人ホームの大規模改修について

4、路線バスの整備について

5、健康づくり支援について

 

2020.12.14

12/14 葛飾区のひとり親世帯特別給付金と感染拡大防止協力金の支給が決定

葛飾区議会第4回定例会が本日終了いたしました。

その中で、

「ひとり親世帯臨時特別給付金給付事業」(再支給)と
「営業時間短縮に係る葛飾区感染拡大防止協力金」の支給が決定しました

本日は、令和2年度葛飾区一般会計補正予算(第8号)が可決。

これは、一つには福祉費補助金として全額国庫負担により2億89760000円を補正、
また、もう一つは財政調整基金からの繰入金として、1億73000円を産業経済費に繰入れるものです。

1、ひとり親世帯臨時特別給付金給付事業費
  ★年内12月下旬以降の支給開始予定!

福祉費補助金は「ひとり親世帯臨時特別給付金給付事業費」として、約4500世帯に支給されます。

給付額は1世帯5万円、第2子以降1人につき3万円。

支給対象者は令和2年12月11日現在で、以下のいずれかに該当する方で、すでにひとり親世帯臨時特別給付金の支給を受けている、または申請している方となります。

⑴令和2年6月分の児童扶養手当の支給を受けている方。

⑵公的年金給付等を受けていることにより児童扶養手当ての支給を受けていない方
(児童扶養手当に係る支給制限限度額を下回る方に限る)

⑶新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し、直近の収入が、児童扶養手当の対象となる水準に下がった方。

年内12月下旬以降の支給開始に向けて準備されます。
今後は給付金対象者に案内チラシを送付、区のホームページや広報かつしか12/25号でお知らせします。

 

2、「営業時間短縮に係る葛飾区感染拡大防止協力金」の支給

こちらも3回目の実施です。
東京都は新型コロナ感染症の感染拡大を受けて、酒類の提供を行う飲食店やカラオケ店を対象に、
11月28日から12月17日までの期間において、営業時間を午前5時から午後10時までに短縮した場合に
40万円の協力金を支給することとしました。
葛飾区は、本区独自の取り組みとして、都の協力金を受けた事業者で、本区が発行する感染症拡大防止対策ステッカーの交付を受けることを条件に、10万円の協力金を上乗せ支給いたします。

申請開始は令和3年1月25日からとなります。

 

2020.11.27

【緊急対策】葛飾区が他区に先がけて都の「営業時間短縮に係る感染拡大防止協力金(40万円)」に加えて、葛飾区独自に協力金10万円を支給します。

他区に先駆け! 葛飾区の補正予算案で、都要請に基づく時短営業を実施する区内飲食店等に対し、葛飾区が独自に感染拡大防止協力金10万円を支給決定】

新型コロナウイルスの感染者数が拡大している状況に鑑み、東京都は8月、9月に営業時間を短縮する酒類を提供する飲食店及びカラオケ店に協力金を支給してきました。

葛飾区としても、営業時間短縮に伴う収入機会の減少に直面する飲食店・カラオケ店の支援として、協力金の支給を進めています。

今般、さらに新型コロナウイルスの感染者が拡大しているため、東京都が追加で協力金の支給を行うため、同様の趣旨に鑑み、葛飾区としてもさらに協力金を支給することといたしました。8月分・9月分に次いで3度目)

参考:【緊急対策】区独自に協力金を支給します(9月実施分)営業時間短縮に係る感染拡大防止協力金について】

 

*青木克德葛飾区長のコメント

「忘年会シーズンを迎える今の時期の時短要請は、区内飲食店等にとって大きな打撃になります。

そこで、都の動きに合わせて相乗効果をあげられるような区独自の協力金をスピード感を持って実施していきたいと思います。

区議会の強い要望も踏まえ、感染拡大の防止を図りつつ、区内飲食店等の事業活動を支援していきたいと考えています。」

 

《感染症拡大防止対策ステッカーとは》

従業員のマスク着用や店舗内の清掃・消毒など、区が作成したチェックリストに記載の感染防止策をすべて実施した事業者に対し、区がステッカーを交付する制度です。ステッカーを掲示した事業者は、希望により区公式サイトの登店舗一覧に掲載するなどして、区民に周知します。

 

【スケジュール】

・東京都のスケジュールを確認のうえ、調整を図ります。

【主な対象要件】

8月、9月の営業時間短縮に係る協力金と同様とする。

*都の営業時間短縮に係る感染拡大防止協力金の交付を受けていること。

*葛飾区の感染拡大防止対策ステッカーの交付決定を受けていること。

 

1.概要

葛飾区では、新型コロナウイルス感染者数が増加する中、年末に備えた感染予防対策として、区議会からの強い要望も受け、東京都の要請に基づき営業時間を短縮する区内の中小企業等に対し、都が実施する「営業時間短縮に係る感染拡大防止協力金(40万円)」に加えて、葛飾区独自に協力金10万円を支給します。

※現在開会中の第4回区議会定例会(11/26〜12/14)に補正予算案を追加で提出されます。

2.支給額
1事業者あたり10万円(区内約1,000店舗を想定)

3.対象
11月28日(土)〜12月17日(木)の期間中、午前5時〜午後10時に営業を短縮している、酒類の提供を行う飲食店・カラオケ店

4.支給要件
(1)東京都の営業時間短縮に係る感染拡大防止協力金の交付を受けていること

(2)区の感染症拡大防止対策ステッカーの交付決定を受けていること

 

 

5.予算(案)規模(予定)

関連経費を含め、約1億円です。

6.問い合わせ
産業観光部商工振興課

 

2020.11.08

11/6 葛飾区自由民主党議員団会派報をお届けいたしました

葛飾区内の新聞全紙に、我が会派の会派報を折り込みいたしました。

《コロナ禍を払拭し、誰もが安心して暮らせる予算編成を》と題して編集いたしました。
葛飾区議会第3回定例会の一般質問は秋家聡明議員でした。(2ページ参照)
決算審査では第6次補正予算まで、区民の目線で要望してきたことが実現いたしました。(3ページ参照)
また、日頃から注視してきた区政について精査した結果、未だ実現できていない施策に関しての令和3年度予算要望を、自民党幹事団で区長に対して行ってまいりました。(1ページ参照)
他、議長の交代と新しい役員の紹介についての記事もどうぞご覧ください。
これからも皆様とともに歩む自民党を目指してまいります。
2020.10.15

葛飾区で女性初! 第70代葛飾区議会新議長の誕生です

10月14日、葛飾区議会第3回定例会が無事に終了いたしました。

本定例会では、各委員会並びに決算審査特別委員会の4つの分科会にて慎重に審議を重ねた結果、区長提出議案等29件(予算4件、決算5件、制定する条例2件、一部を改正する条例5件、契約9件、その他3件)、議員提出議案4件の議案等が可決されました。

 

また、本定例会を持ちまして、平田みつよし議長が辞任を表明。
代わって、葛飾区議会で初めての女性議長として、第70代 秋本とよえ新議長が誕生いたしました。

秋本とよえ新葛飾区議会議長

【新議長挨拶 秋本とよえ】

10月14日に開かれました本会議におきまして、議長に就任をさせていただきました。議長という重責に、身の引き締まる思いで一杯でございます。区政を取り巻く状況は、新型コロナウイルス感染症対策やそれに伴う新たな生活様式への対応をはじめ、さまざまな重要課題が山積しており、区民福祉向上のために区政の果たすべき役割はいっそう重要度を増しております。こうした状況の中、私ども区議会は更なる区政進展のため、執行機関と力を合わせ、全力を傾注してまいる所存であります。
区民の皆様には、今後ともご支援とご協力をお願い申し上げまして、就任の挨拶とさせていただきます。

秋本とよえ

 

【辞任にあたって 平田みつよし】

1014日、第3回定例会最終日を以って葛飾区議会議長を辞任させて頂きました。この1年を振り返り、様々な思い出が想起されます。

台風19号が首都圏を襲い、葛飾区でも約2万人の方々が避難されたのは議長に就任した翌日のことでした。私は就任早々、緊急招集に備えて待機を要請され、未明まで情報収集や申し入れを行いました。波瀾のスタートでした。

東京23区の区議会を代表し、中国の北京市や広東省の人民代表大会(議会)を公式訪問する機会も頂きました。日本と中国は数多くの緊張や矛盾も孕んでいます。しかし、東アジアにとって日中関係の安定が望ましいことは間違いありません。会談した中国要人には日本留学・駐在の経験者が多く、心情的には親日家が少なくないことを実感しました。草の根レベルでの友好交流は大事にするべきと思います。

年が明けると、区役所の仕事始め式に於ける幹部職員への年頭挨拶や、はたちのつどいに於ける新成人への祝辞など、初めて経験する議長公務が続きました。ところが、新年会をこなすうちに新型コロナウイルスが猖獗し、3月以降は行事や会合が次々中止となってしまいました。

緊急事態宣言の下、区は様々な感染症対策や経済政策を講じました。それらを首長の専決処分で対応した自治体もありましたが、未曾有の危機にこそ議会が率先して機動性を示すことが重要だと考えました。結果、葛飾区議会は臨時会を3回にわたって開催し、本日までに6次にわたる補正予算を成立させました。異例のことでしたが、給付金をはじめとする区民の厚生向上に資することができたと思います。

また、緊急事態宣言にあたっては、清掃一部事務組合議会を構成する東京23区の議長同士が連携し、廃棄物処理手数料の納付期限を延長する支援策も実現しました。

あっという間の1年でしたが、議長として得難い経験を頂戴しました。お支え頂いた区議会議員をはじめ全ての区政関係者の皆さんはもちろん、何より私を議会に送って下さった地元の皆様に改めて衷心より厚く御礼申し上げます。

後任の秋本豊栄議長は葛飾区で初めての女性議長です。ご活躍を心からお祈り申し上げ、今後は議会の一員として新議長をお支えしたいと思います。

1年間ありがとうございました。

平田みつよし

 

議長の交代に伴って我が自民党会派内でも新しい役員体制となりました。

秋本とよえ議員が担当しておられた幹事団は峯岸よしゆき議員が副幹事長となり、
また危機管理対策特別委員会は平田みつよし議員に交代いたしました。

 

これからも自民党議員団は一丸となって、区民の皆様の安心して暮らせる街づくりに邁進してまいります。

 

2020.10.13

自由民主党葛飾総支部 葛飾区議会議員選挙候補者公募について

葛飾区議会議員選挙候補者公募について

自由民主党葛飾総支部

自由民主党葛飾総支部は令和3年11月予定の区議会議員選挙にあたり、新人候補者を擁立することにしています。
 明日の葛飾区をさらに発展させるためには、我が党が勝利し、第一党として区政を前に進めなければなりません。

そのため、10月19日から「候補者公募要項」に基づき、候補者の公募を実施することといたしました。

自民党の旗を高く掲げ、驕らず、怯まず区政に果敢に挑みたいと希望している皆様の応募をお待ちしております。

*現在自民党葛飾区議団は11名おり、小菅・東金町・金町・柴又・西亀有・亀有・奥戸・堀切・西水元・白鳥・立石の各地区を活動拠点としており、重複しないようご配慮の上、応募して頂けるようお願いたします。

下記リンクよりダウンロードしてください。

2020.06.04

6月4日5日 葛飾区議会第2回定例会開催

6月4日5日 葛飾区議会第2回定例会 本会議が開催されました。

1日目
新型コロナ感染症への対策として行った、様々な施策について
青木区長より説明がありました。

特別定額給付金の支給の現状についても報告がなされ、
6月1日現在、143807件の申請があり、
10946世帯に、
22億50万円が支給完了されているそうです。

行政委員の紹介があり、
青柳 豊教育委員と、今関 総一郎監査委員が挨拶をされました。

また、
我が会派の池田ひさよし議員が在職25年の表彰を受け、
午後は一般質問も行いました。

2日目も10時より開会。
我が会派から高木信明議員の一般質問でした。
また、上程された議案17件については動議が出され、
所管の常任委員会に付託されることに決定しました。

【一般質問件名】
池田ひさよし議員
・新型コロナウイルス感染症拡大に伴う財政運営について
・(仮称)子ども未来プラザ小菅の整備における中高生への対応について
・本区の住宅政策と良好なマンション建設に向けたルールづくりについて
・文化資源を活用したまちづくりについて

高木信明議員
・新型コロナウイルス流行による再開発事業への影響について
・AI 等を活用した業務効率化について
・臨時休業中及び学校再開後の学習支援及び家庭学習の在り方について
・健康と安全に配慮した自転車活用の推進について

【議案付託一覧】

総務委員会

・令和2年度葛飾区一般会計補正予算(第3号)

・職員の特殊勤務手当に関する条例の一部を改正する条例

・葛飾区特別区税条例等の一部を改正する条例

・葛飾区事務手数料条例の一部を改正する条例

・災害に際し応急措置の業務に従事した者等に係る損害補償に関する条例の一部を改正する条例

・葛飾区印鑑条例の一部を改正する条例

・葛飾区立小松中学校外構整備工事請負契約締結について

・葛飾区小中一貫教育校高砂けやき学園葛飾区立高砂小学校既存校舎一部解体工事請負契約締結について

・葛飾区立西小菅小学校普通教室棟解体工事請負契約締結について

・葛飾区立北野小学校外壁改修(塗装)その他工事請負契約締結について

・葛飾区立末広小学校外壁改修(塗装)その他工事請負契約締結について

・八剱橋橋梁架替(その5)工事請負契約締結について

・葛飾区郷土と天文の博物館常設展示室展示物製造等委託契約の変更について

保険福祉委員会

・葛飾区介護保険条例の一部を改正する条例

建設環境委員会

・葛飾区河川流水占用料等徴収条例の一部を改正する条例

・財産の交換について

文教委員会

・葛飾区立図書館設置条例の一部を改正する条例

 

葛飾区議会 議会中継(ライブ)

https://smart.discussvision.net/smart/tenant/katsushika/WebView/rd/council_1.html?referrer=https%3A%2F%2Fwww.katsushika-kugikai.jp%2F

2020.05.15

5/15 臨時本会議にて、補正予算が採決されました

5/15 葛飾区議会では臨時本会議が開催され、補正予算が採決されました。
コロナ禍に対応するための予算です。

コロナ禍に対抗するための補正予算ですので、
一刻も早い採決を!ということで、異例ですが午前10時開催となりました。(普通なら午後からです)
補正予算案は4つの常任委員会に付託され、保健福祉委員会、建設環境委員会、文教委員会、総務委員会の
それぞれにて詳しく検討され、全会一致で採決されました。
この会議にて、4月に新聞折り込みにてお知らせしていた要望が、すべて承認、実現に至りました。
⑴子育て世代を助けるための給付金。
 中学生までの子ども1人につき1万円のところ、葛飾区独自策としてプラス1万円になりました。
⑵新型コロナ対策緊急融資。
 本人負担が0.3%金利だったところをゼロ金利(区が負担)で融資します。
⑶プレミアム商品券の充実。
 プレミアム率を10%➡︎20%にして、発行数も10万部に。
 つまり、1万円で1万1000円分だったのが、1万2000円分の買い物に使えます。
2020.05.02

5/1 令和2年 第1回葛飾区議会 臨時会開催

5/1  令和2年 第1回葛飾区議会 臨時会が開催され、上程された3つの議案が委員会負託を省略し、原案の通り採決されました。

採決されたのは、
議案第23号 令和2年度葛飾区一般会計補正予算(第1号)
議案第24号 令和2年度葛飾区国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)
議案第25号 葛飾区国民健康保険条例の一部を改正する条例

の3件です。

これにより、「1人10万円支給」の特別定額給付金の支給とそれに必要な事務手数料が認められ、今月下旬からの給付にむけて準備が進められます。

また、新型コロナウイルス感染症に感染した被保険者等に対する傷病手当金の支給に係る特例が定められ、休まざるを得なかった3日目以降の分についての給付が認められます。

青木区長からの
「新型コロナウイルスは依然として猛威を振るっており、区民の生活を脅かしている。今後もさらなる対策を講じてスピード感を持って対応していく。」という発言を持って、第1回葛飾区議会 臨時会は閉会しました。

★★★★★★★★

臨時会閉会後、さっそく特別定額給付金の支給に向けたスケジュールを確認しました。
福祉部に所属する生活支援臨時給付金担当課の所管です。

*コールセンターは、5月7日から9月末まで開設されます。

*対象者は、4月27日に住民登録されていることが条件です。
 したがって、4月27日に生まれた子の出生届提出期限である14日経過後の
 5月11日に対象者数が確定することになります。

〈参考〉
 葛飾区の人口及び世帯数(令和2年4月27日現在)
  人口  465,600人  
  世帯数 238,723世帯

 

*申請書の発送は、5月中旬〜下旬ころを予定しています。
         未申請者がいた場合、対象世帯への葉書の送付、
         及び広報かつしか8月5日号に勧奨記事を掲載予定です。

*申請書の受付は、オンライン・郵送とも5月中旬〜下旬ころを予定しています。
 オンラインは、内閣府のサイトからの申し込みになります。
 申請到着後は各自治体がプリントアウト、申請手続きを進める形になります。

*申し込みは世帯ごとなので、世帯主の口座にまとめて振り込まれます。
 代理人の申請もできますが、その際は世帯主の身分証明に加え、代理人の身分証明も必要です。

*今回の郵便及びインターネットからの申し込み方法は、「三密」を無くすための配慮です。
 これにより区役所の窓口対応をゼロに近づけることを目指します。

給付事務経費の5億7千万円は高額ではありますが、その分コールセンターを充実させて、
一日も早い支給ができるように準備、対応すると聞き評価しています。
自民党議員団としては、早急な給付をあらためて要望しました。

〈リンク〉
   内閣府:マイナポータル解説ページ 

  マイナポータル:特別定額給付金申し込みページ

 

 

2020.04.01

4/1 新しい年度の始まりです。

今日から新しい年度が始まりました。

新生活のスタートに、希望でいっぱいの皆様を心から応援いたします。

しかしながら、安心な生活を脅かし、経済を圧迫する新型コロナウイルスの為に
困っている方々が増え続けている現状です。
1日も早い収束を祈りつつ、区民の生活を守る施策を、できるところから1つずつ取り組んでまいります。

葛飾区議会では、令和2年度の予算が無事に成立いたしました。
私たち自由民主党議員団は、区の将来を見据え、区民第一の目線での事業編成を訴えてきました。
その結果、区長への予算要望などの中から、全部で90項目を令和2年度予算に盛り込むことができました。

詳しくは今月半ばには、葛飾区内の新聞全紙に折込させていただく「自由民主党 会報 令和2年4月号」をご覧ください。
(発行されるタイミングで、こちらのサイトでも閲覧していただけるようになります。)

秋家さとあき予算審査特別委員会委員長

2020.03.04

3/3〜3/9 葛飾区議会 予算審査特別委員会

3月3日、令和2年度の葛飾区議会 予算審査特別委員会が始まりました。

初日は、総括質問。我が会派からは、伊藤よしのり議員と峯岸よしゆき議員が登壇いたしました。

〈伊藤よしのり議員〉
・契約について
・児童相談所の設置について
・特別養護老人ホームの大規模修繕について
・水元小学校改築について
・子育て支援について

〈峯岸よしゆき議員〉
・新型コロナウイルス対応について
・障害者施策の推進について
・旧学校のあり方について
・イングリッシュ・キャンプについて
・マンション条例について
・かつしかふれあいRUNフェスタについて

この記事を書いている3月4日からは、葛飾区一般会計予算を決めるために分科会が行われ、
本日は第1分科会。議会費と総務費、産業経済費、職員費について、話し合われています。

明日3月5日第2分科会(福祉費、衛生費)、
3月6日第3分科会(環境費、都市整備費)、
3月9日第4分科会(教育費、公債費、諸支出金及び特別会計)と続きます。

葛飾区の公正な予算運営をチェックしてまいります。

葛飾自民党 Youtube

月別アーカイブ

  • 2021
  • 2020
  • 2019
自民党