2020.12.14

12/14 葛飾区のひとり親世帯特別給付金と感染拡大防止協力金の支給が決定

葛飾区議会第4回定例会が本日終了いたしました。

その中で、

「ひとり親世帯臨時特別給付金給付事業」(再支給)と
「営業時間短縮に係る葛飾区感染拡大防止協力金」の支給が決定しました

本日は、令和2年度葛飾区一般会計補正予算(第8号)が可決。

これは、一つには福祉費補助金として全額国庫負担により2億89760000円を補正、
また、もう一つは財政調整基金からの繰入金として、1億73000円を産業経済費に繰入れるものです。

1、ひとり親世帯臨時特別給付金給付事業費
  ★年内12月下旬以降の支給開始予定!

福祉費補助金は「ひとり親世帯臨時特別給付金給付事業費」として、約4500世帯に支給されます。

給付額は1世帯5万円、第2子以降1人につき3万円。

支給対象者は令和2年12月11日現在で、以下のいずれかに該当する方で、すでにひとり親世帯臨時特別給付金の支給を受けている、または申請している方となります。

⑴令和2年6月分の児童扶養手当の支給を受けている方。

⑵公的年金給付等を受けていることにより児童扶養手当ての支給を受けていない方
(児童扶養手当に係る支給制限限度額を下回る方に限る)

⑶新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し、直近の収入が、児童扶養手当の対象となる水準に下がった方。

年内12月下旬以降の支給開始に向けて準備されます。
今後は給付金対象者に案内チラシを送付、区のホームページや広報かつしか12/25号でお知らせします。

 

2、「営業時間短縮に係る葛飾区感染拡大防止協力金」の支給

こちらも3回目の実施です。
東京都は新型コロナ感染症の感染拡大を受けて、酒類の提供を行う飲食店やカラオケ店を対象に、
11月28日から12月17日までの期間において、営業時間を午前5時から午後10時までに短縮した場合に
40万円の協力金を支給することとしました。
葛飾区は、本区独自の取り組みとして、都の協力金を受けた事業者で、本区が発行する感染症拡大防止対策ステッカーの交付を受けることを条件に、10万円の協力金を上乗せ支給いたします。

申請開始は令和3年1月25日からとなります。

 

葛飾自民党 Youtube

月別アーカイブ

  • 2021
  • 2020
  • 2019
自民党