2020.09.14

【速報】菅義偉候補が自民党新総裁に選出

9月14日(月)、自民党総裁選挙が投開票され、菅義偉候補が新総裁に選出されました。

葛飾区選出の平沢勝栄衆議院議員は、菅候補の推薦人に名を連ねており、菅候補の当選に大きく貢献しました。

菅義偉新総裁は昭和23年、秋田県の農家に生まれました。上京後、働きながら法政大学を卒業。横浜市会議員を経て、平成8年に衆院初当選。 総務大臣・内閣官房長官などを歴任しました。 総裁選にあたって、『菅義偉』候補は 「新型コロナ危機を克服」 「縦割り打破なくして日本再生なし」 「雇用を確保、暮らしを守る」 「活力ある地方を創る」 「少子化に対処し、安心の社会保障を」 「国益を守る外交・危機管理」 という6つの重点政策を掲げました。 新型コロナウイルス、想定外の自然災害などかつてない難題が山積する中で政治の停滞は決して許されません。

菅新総裁には、安倍内閣が推進してきた取り組みをしっかりと継承し、更なる進展を図って頂きたいと思います。

 

菅義偉プロフィールはこちらから

葛飾自民党 Youtube

月別アーカイブ

  • 2020
  • 2019
自民党